広島県福山市を拠点とし、生地、縫製、加工工場と連携し、デニムを中心に メンズ、レディースのカジュアル製品のOEM、ODM生産を行っております。

小木POGGY基史×OR NOT増汐「古着がサステナブルでクール」日本に根づくか

リサイクル素材を使って服を作ることも大事だが、すでにあるものを長く使ったり、世代を超えて着継ぐということは、究極のサステナビリティだ。日本は、昔から古着文化はあるものの、おばあちゃんのお下がりやヴィンテージがおしゃれだという文化が根づくヨーロッパと比べて、まだ一般的にはその社会的地位が低いようにも感じる。サステナブル特集の特別対談第一弾として、ファッションディレクターとして「UNITED ARROWS & SONS」のディレクター兼バイヤーも務め、国内外でファッションアイコンとしても著名な小木“POGGY”基史さんと、二次流通にブランディングという新たな価値観を持ち込んだ『OR NOT(オアノット)』を運営する株式会社LOOPの増汐義信さんに、日本における古着カルチャーとサステナビリティについて話を聞いた。続きはこちら