広島県福山市を拠点とし、生地、縫製、加工工場と連携し、デニムを中心に メンズ、レディースのカジュアル製品のOEM、ODM生産を行っております。

ミレニアル世代が主役 2019年米国ブラックフライデーを考察

NRF(全米小売り協会)によると、サンクスギビングデイから、サイバーマンデーまでの5日間の週に、昨年より14%多い、過去最多の1億8,960万人もの人がストアやウエブサイトで買い物をしたと伝えられています。その内訳けは、1億2,400万人が店頭で、7,570万人がオンラインからの買い物となっている。5日間の平均購入額は$361.90(前年比16%増)中でもブラックフライデーは、ドアバスターズと呼ばれる、店頭のみで販売されるセール商品目当てで、実店舗が最も忙しい日となり8,400万人が店頭へ足を運んでいます。続きはこちら